フォト
無料ブログはココログ

« 【コンサート情報】One of the youngest Guitar Duo in 夢楽人 | トップページ | 【イベント情報・追記】チケット完売 »

2013年1月24日 (木)

【日記】新しいパートナー

新しい相方ができました。

E58699e79c9f201


E58699e79c9f202


『ミゲル・ロドリゲス(76年製)』です。


ミゲル・ロドリゲスは、ホセ・ラミレス1世の弟子、ラファエル・カサーナに師事し

数々のギターを作った有名な製作家です。

ミゲルはアンダルシアのコルドバを拠点にフラメンコギターも多数製作し、

それらのギターはクラシック、フラメンコギタリストからも高い評価を受けているそうです。

ぺぺ・ロメロをはじめとするロメロ・ファミリーが数十本所有している事でも有名で

なかなか市場に出回らないそう・・。(確かに店頭でお目にかかったことないかも)


このギターは、音量はもちろん、低音の重厚感、高音の抜け方がとっても良くて、

弾いていて全然飽きないのです。

弾き始めて3日目、まだまだ片思い中ではありますが(苦笑)

今まで弾き込まれた分を保ちつつ、自分にしかできないサウンドを作っていきたいです。


今回とある経緯でこの貴重なギターを使わせて頂く事になりました。

私をギターの道に導いて下さった恩師に、心から感謝しています。


さぁ、今日も練習に励みます。ミゲルさん、よろしくね!

« 【コンサート情報】One of the youngest Guitar Duo in 夢楽人 | トップページ | 【イベント情報・追記】チケット完売 »

⚫︎日記」カテゴリの記事

コメント

こんな模様初めてみました
これは虎斑の一種なんですか

なにやら、高そうな雰囲気ですが
演奏家にとって楽器は
値段じゃなくて音色と、正確な音程ですかね

スコタえもんさん

ハカランダという、今では輸入禁止になってしまった材料を使用している楽器です。

持ち替えたことで、今まで出せなかった音色や想像もできなかった表現などが
自然と出てくるようになりました。
皮肉なことに、"楽器は値段を裏切らない"というケースがほどんどのようですね。

ただし、正確な音程を出す事や音色のコントロールは
鍛錬でしかできないことですので、やはり日頃の積み重ねと
楽器との対話は必要不可欠だなぁ、と実感させられます^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1568773/48934849

この記事へのトラックバック一覧です: 【日記】新しいパートナー:

« 【コンサート情報】One of the youngest Guitar Duo in 夢楽人 | トップページ | 【イベント情報・追記】チケット完売 »

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31