フォト
無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

【レッスンスケジュール】3月のレッスン日

あっと言う間に2月も終わりですね(^^;)(早かったです・・)
しかし気候も暖かくなり、ようやくギターを弾くには
ベストな環境になりそうですね!


下記、3月のレッスンスケジュールです。

<みやま教室>
火曜:12日、26日
木曜:7日、14日、21日
土曜:9日、23日

<大牟田教室>
水曜:6日、20日

<佐賀教室>
火曜:5日、19日


※みやま教室ではワンレッスンや、上記以外の曜日のレッスンも承っております。
ご希望の方は講師との日程調整の上、お気軽にお越し下さい。

●お問い合わせフォーム●
http://harukadan.com/inquiry/index.php

2013年2月24日 (日)

【コンサート情報】3月のコンサートスケジュール

・3月3日(日)水上校区のイベントにて演奏

------------------------------------------------------------------

・3月10日(日)
『第2回東日本大震災復興支援チャリティーコンサート』

559722_488079331230072_1268109729_n

今年も参加させて頂きます。

たくさんのベテラン演奏家の方々が参加される中で、

まだまだ経験の浅い私ですが、音楽でできる限りの支援をさせて
頂きたいという思いです。

今回九州豪雨の被害にあった事で、その想いは益々強くなった次第です。

こちらのコンサートはコーヒー代500円でお聴きできます。

私の出番は15:00から30分程、生徒さんの吹原正広さんとのデュオをお届け致します。

ぜひご来場下さい。

-----------------------------------------------------------------

・3月31日(日)
『尺八とギターの音楽〜日本の曲からポップス、南米音楽まで〜』

Photo


【とき】2013/3/31(日)
【時間】開場 13:30/開演 14:00


<出演>
●江口 掌山(尺八)
<竹歴>
昭和 55(1880)年 2月に、都山流尺八竹琳軒 野口心山氏に入門する。平成17(2005)年 2月に都山流尺八大師範となる。福岡三曲協会都山流尺八教授者。福岡・久留米三曲協会定期演奏会や小学校などで演奏活動を行っている。

●壇 遼(ギター)


【会場】コーヒーサロンはら(福岡県大牟田市本町 1-2-19)

【料金】一般 1,500 円/高校生以下 1,000 円(コーヒー付き)


【ご予約・お問い合わせ】
コーヒーサロンはら TEL.0944-53-0426
はるかギター教室(壇)TEL.080-6407-6866
メールでのご予約はこちらからどうぞ

【プレイガイド】※こちらでもチケット販売を行っております。
大牟田文化会館 TEL.0944-55-3131
荒尾総合文化センター TEL.0968-66-4111


主催 はるかギター教室


〜プログラム〜
春の海(宮城 道雄)
古賀メロディー(古賀 政男)
荒城の月(瀧 廉太郎)
コンドルは飛んで行く
ロンドンデリー・エア(アイルランド民謡)
夜霧のしのび逢い(J・V・ウェッター)  他数曲..


尺八の江口先生とのコンサートです。

日本古曲から昭和歌謡、ポップス、南米音楽、

知る人ぞ知るお馴染みの曲を演奏致します。

プログラムもとっても聴きやすい曲ばかりです。

コーヒーサロンはらさんの美味しいコーヒーと共にお楽しみ頂ければと思います。

皆様のご来場を心よりお待ちしております!

【報告】加藤優太さんとのデュオコンサート終了しました

2013/2/22(金)ホテルセキア 第16回美食の夕べ

76009_332053483580527_1458181742_n


804438_433584610049049_1317536707_n


定員を上回るお客様に来て頂きました。ありがとうございます。

スタッフさんとお客様の信頼関係を感じる素敵な会でしたので、

演奏にも気合いが入りました。

演奏終了後に頂いたお食事も本当に美味しかったです!

次回はお客さんとして伺います(^^)


861549_433422316731945_2012625101_n

その日は宿泊させて頂いたのですが、

ホテルから望むロケーションが最高でした!

機会がありましたら、ぜひ泊まってみてください♪

---------------------------------------------------------------------

2013/2/24(日)佐賀・夢楽人ライブ

563182_276043002525856_1684392402_n


45816_335618953206714_633111825_n


奏者の為、演奏中の写真があまりありません。。
(この写真も引用させて頂きました/汗;)

前半は南米を中心に、後半はスペインもの、
ポップスを含む現代曲中心のプログラムにしました。

今回佐賀で初めてのライブだったのですが、
会場いっぱいのお客様に来て頂きました。

とっても嬉しかったです!


862184_433971430010367_2015116912_n


打ち上げは近場にある「庄屋」でこじんまりと(笑)

初めてご披露するレパートリーもあり
まだまだ反省点もたくさんありますが、

お客様には終止ご清聴頂けて、弾き手側もとっても楽しく演奏できました。

今年はこちらの会場でちょこちょことライブさせて頂きたいと思っています。


加藤さん、ありがとうございました!

また機会がありましたらよろしくお願い致します。


最後に、今回企画に携わって頂いた関係者の皆様、本当にお世話になりました。

そしてご来場頂きましたお客様、生徒さん、誠にありがとうございました。

今後も精進して参ります!!

2013年2月18日 (月)

【日記】リハーサル

本日はみやま教室にて、ギターの加藤優太さんとのリハーサルでした。

574635_431706543570189_597995996_n

新旧レパートリーもいい仕上がりになってきました。

加藤さんとのリハは、毎回異なるアプローチのデュオになるので、

弾き込んだ曲でもいつも新鮮な気持ちで演奏することができます。

そこがリハの楽しみです。


最近の練習は、音楽を「作る」作業というより、

新たな表現を「探す」作業に変わってきました。

そして出てきた音を「聴く」こと、そして「感じる」こと。


作る作業は良くも悪くも固まってしまい、いつしか行き詰まってしまいます。(ちょっとしたスランプのような感じ?)


「他に何か無いかな?」「こうしたらどうなるかな?」のような好奇心を持って、

楽譜と、音と、純粋に向き合っていると

たまに「あ、コレいい!」「これもアリかも!」という表現や音色に

出会ったりします。嬉しい瞬間です。


それが「正解」かどうかわからないですが、

音楽や芸術にはそこに魅力があるように感じます。


話が脱線してしまいましたが、本番ではリハーサルの成果を発揮して、

クラシックギターの魅力を皆様にお届けできるようなコンサートにしたいと思います。頑張ります!(^^)


<コンサートのご案内>

【One of the youngest Guitar Duo in 夢楽人】

Photo

とき:2013.2.24(日)

時間:OPEN 14:00/START 14:30

出演:加藤 優太  壇 遼

料金:1,500円(ワンドリンク付)

会場:夢楽人(むらびと)/佐賀市松原 3-2-14
   ※会場前方にコインパーキング有り。

Securedownload_3_000041


【予約・お問い合わせ】
・夢楽人 Tel/0952-97-7750
・はるかギター教室 Tel/080-6407-6866

※残席まだございます。メールでもご予約承っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。⇒メールはこちらから


会場でお待ちしております!

2013年2月14日 (木)

【報告】アレッハンドロ&フユキ クラシックギターコンサート終了。

寒い中たくさんの方々にお越し頂き、誠にありがとうございました。

簡単ではありますが、コンサートの様子のご報告をさせて下さい。

----------------------------------------------------------------------

約70名のお客様にご来場頂きました。

予定していた定員をオーバーする程のお問い合わせを頂き、スタッフとしてはとても嬉しい悲鳴です。


今回の会場は多数イベントが行われている「the bridge」さんでした。

ドリンク付きのコンサート、中の雰囲気もとても良い所です。


Th_20130211_140215


Th_20130211_131632


Th_20130211_134552


今回のプログラムはオールクラシックナンバー。

デュオの中には演奏家の2人が編曲した、ハイドンの弦楽四重奏曲や、スカルラッティなどもあり、

プラスお互い2曲ずつのソロを含む、充実したプログラミングでした。


282613_429439660463544_370339502_n


会場は満席。暖かいお客様に囲まれ、無事に終了致しました。


演奏を聴いての率直な感想は、とても西洋の雰囲気を感じたことです。

じゃあ、「西洋の雰囲気」って何?とつっこまれそうですが・・(汗)

その時代の弾き方や形式を誠実に守りつつ、自分たちが持っている個性や音楽性も演奏にでていたように思います。

プラス、日本にいる私には思いつかない(醸し出せない?)ようなアプローチをたくさん聴くことができましたし、

スタイルが異なる2人の演奏者が化学反応を起こして、独特のグルーブ感を引き起こす瞬間に何度もやられました。これぞデュオの醍醐味だなぁ〜、、と(笑)


また、私も実感することですが、自ら編曲した曲は自然と演奏のクオリティも高くなりますね。

音源から耳コピーしたり、編曲やアレンジしたりすることはとっても時間のかかる作業ではありますが、楽譜が完成した頃には「(いい意味で)弾けてしまっている」という利点があります。

編曲するにあたり、楽曲についてもしっかり勉強するので、どの曲に関してもそれぐらいのモチベーションで挑まないといけないな、と改めて気づかされました。

演奏家のお二人とは同年代ということもあり、演奏を聴いていてとても刺激になりました。素敵な演奏をありがとうございました!

-----------------------------------------------------------------------

打ち上げは「水天」というお寿司屋さんです。

Th_20130211_180619

アレッハンドロは親日家で、お箸の使い方もばっちりでした。

彼は母国語のスペイン語と英語、フランス語まで話せるんです。

残念ながら、私はほどんど話せませんでした。反省。もっと勉強します!


今後は京都、東京観光のち、共にバーゼルへ戻るそうです。

ちなみに今夏は松本さんがメキシコへ行って演奏するとのこと、ぜひ追っかけて下さいね(笑)


よっし、私も頑張らねば!

明日より通常業務と練習を再開します(・∀・)

2013年2月 2日 (土)

【教室のこと】インターネットページのご紹介

はるかギター教室専用のツイッターベージを作成しました。


Twitterページはこちら


ツイッターをされている方はお手軽に情報がみれるのかな〜と思い、作ってみました。

教室のイベントやブログでは書いていない(もしくは書けない?)内容の事などもあるかもしれません(笑)

よろしければフォローしてあげて下さい(^^)


facebookページもあります⇒こちらから!

マイペースに更新しています。こちらも覗いてみて下さい(・∀・)

--------------------------------------------------------------------

便利な世の中になりましたね。

しかし、こういう新しいものに挑戦していながらも、

本当は私、アナログが大好きな人間です。

メールよりも電話、電話よりも直接会って話す、いまだに手紙も書いたりします。

(もちろん、いろんな場面がありますので使い分けているつもりですが。)


情報の伝達手段は時代と共にスピーディーでスマート、

とっても便利で円滑になってきましたが、、、

人と人との関係性はそうであって欲しくないな〜とも思ったりします。


もちろん時間の長い短いは関係なく、気の合う人はすぐに仲良しになるし、

ソーシャルネットワークがきっかけで、たくさんの素敵な方々と巡りあえましたが、

良い時代、良い環境になったからこそ、失うものがあったり、

大事なものを忘れてしまったりすることもあるのではないかと。。


『仕事には慣れても、人には慣れるな』


会社員時代に教えて頂いた言葉が、今も仕事のモチベーションとして活きています。


・・と、話は脱線してしまいましたが、試行錯誤しながら更新していますので、よかったら見て下さい〜^^;

(あ、もちろんブログもこれまで通り更新していきまーす!)

2013年2月 1日 (金)

【日記】早いことに・・

2月がきてしまいましたね。

E58699e79c9f

今月はレッスン・コンサート・イベントも多く、いろいろと楽しくなりそうです(^^)

それにしても、最近身の回りに風邪ひきさんも多くて、、

なかなか回復するのに時間がかかっているご様子。

そんな私も数日前は悪寒と頭痛・喉の痛みに襲われ、約1週間程苦しめられました。(辛かった・・)

寒い冬もあとわずかです。健康に気をつけて無事この時節を乗り切りましょう。


-------------------------------------------------------------

本日は尺八の江口先生とのリハーサルでした。

今日の合わせは古賀メロディーと春の海。

古賀メロアンサンブル加入時に弾いていた楽譜にプラスして

自分なりにアレンジを加え、伴奏譜を作りましたが

実際に何回か合わせをしていると「あ、こういうアプローチもあるな!」と

いろいろと発見がありますね。嬉しい出来事です。


「春の海」は過去弾いていたことはあるのですが、尺八とのデュオは今回が初めて。

それにしても、さすが江口先生。尺八の歌い回しが何ともたまりません。素敵です。

本番は3月です。詳細がでましたらまたご報告します。

E58699e79c9f_2

新しい相方のギターも絶好調です。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

カテゴリー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31