フォト
無料ブログはココログ

« 【日記】ジャズライブ! | トップページ | 【会場アクセス】夢楽人(佐賀教室) »

2013年4月 1日 (月)

【報告】尺八とギターのデュオコンサート終了

昨日3/31(日)の江口掌山先生とのコンサートが無事終了致しました。

年度末のお忙しい中ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました!!


907380_448917911849052_205320687_n


907052_448958435178333_2035099663_2


実は今回会場のセッティングを変えてみました。

ちょっとした円形ホールの様な形になったのですが、

正面、左右、お客さまに囲まれての演奏は

生音を聴くには適度な距離感で、演奏者側からしても

音の響き方が広がって聴こえました。

この形態、とても気に入りました!

(名付けて『フォーメーションB』にしておきます!)


908362_448917908515719_1678899347_n


それぞれの楽器は音の出方が全く異なります。

尺八は鳴らすこと自体、難しい楽器なのですね。

そして音の立ち上がりが遅いのでリズムが重くなりやすい。

その深さがいいんですけどね ^^

対してギターは「発弦楽器」、とっても鳴りやすく、軽くなりやすい。

その明るさがいいんですけどね ^^


お互いが「どう弾いたらそれぞれの良さが出せるだろう」と突き詰めていった結果、

リハーサルを通じて、毎回右肩上がりに演奏がよくなってきました。


具体的には、尺八は軽さを、ギターは深い音を出せるように、、

音量ではなく、音圧、音質を求めるように努めました。


今回に限らず基本的に個人練習では「最低これまでは弾けておくようにする!」

と、リハまでにある程度曲を仕上げて、音合わせに挑むようにしていますが、

伴奏については『旋律が歌いやすいように』

そして『相手がどう歌っても対応できるように』

というのがいつもの課題でありますので

その場で音やリズムを変えてみたり、あとでリハの録音を聴き返して変更したり、

楽譜を書き換える作業も多かったです。

時間はかかるのですが、その過程を踏む事はとっても重要だなぁと思います。


実は自分が思った様に弾けてないことが多いです。

「あら?思ったよりここ早いなぁ。走って聴こえるな〜。」

「なんか重たく聴こえる。インテンポなのに・・。(インテンポだから?)」

「フレーズが切れちゃってる!」とか。


自分の中では流れがいいであろう、と想定しながら弾いているのですが

実際に録音を聴いてみると、どこかしら変な所が出てきます。(未熟モンです。)

それに気づかせてくれるのは、リハであり、録音であったりします。

そしてそうならないための解決策を自分なりに探ることが大事だと思います。


弾きながら聴き手になるのはなかなか難しいですね(^^;)

(レッスンでは生徒さんにそれを求めたりしてますけど。。。でも自分の音が聴けるようになった時、実際に生徒さんの音がよくなるんですよね。)

(あとは日頃からCDを聴いたり、演奏会に行ったりして、いろんな刺激をもらうようにしています。)

------------------------------------------------

そういった内容の濃いリハでしたので

昨日の本番では、緊張を味方につけて

練習の成果を発揮&本番で新たな表現ができたこと、

そして音を通してそれが体感・共有できたことが

とても嬉しかったです。(本番が一番いい演奏でした。)


そしてお客様に恵まれて、スタッフに恵まれて、共演者に恵まれて、

ホント、幸せモンです。皆様、本当にありがとうございました。


もう聞き飽きたかもしれませんが、、、今後も精進して参ります!!!

(写真提供:ニュートラル・チューンさん、いつもありがとうございます。)

« 【日記】ジャズライブ! | トップページ | 【会場アクセス】夢楽人(佐賀教室) »

⚫︎報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1568773/51045311

この記事へのトラックバック一覧です: 【報告】尺八とギターのデュオコンサート終了:

« 【日記】ジャズライブ! | トップページ | 【会場アクセス】夢楽人(佐賀教室) »

カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30