フォト
無料ブログはココログ

« 【コンサート情報】木下尊惇・松下隆二 フォルクローレコンサート<賛助出演:壇遼> | トップページ | 【動画】木下尊惇・松下隆二フォルクローレコンサート »

2013年5月 4日 (土)

【日記】古賀メロディーとわたし

なんだか詩的なタイトルですね(笑)

喜ばしいことに、最近ではこのブログも世代を超えて

たくさんの方に見て頂いているようなのです(嬉し恥ずかち//)

ありがとうございます(^^)

今日はこの場を使って、最近お客様から聞かれることが多い

私と古賀メロディーのことについて少しお話しします。


--------------------------------------------------------------------

『古賀メロディー』ってご存知ですか?

作曲家・古賀政男さんの曲を総称して今日までそう呼ばれています。

昭和の歌姫・美空ひばりさんの『悲しい酒』という曲がありますが、

この曲も古賀政男さん作曲で有名です。


ちなみに私は高校1年生くらいの時に初めて知りました。

初めて聴いたのは、大川で行われた「古賀政男生誕祭」のとき、だったかな?

その後とあるきっかけで、高校2年生の時から古賀メロディーの

バンドに入る事になりました。

もちろん、10代は私だけ。(笑)


が、その時の私は「ギターを弾く」ということや

「アンサンブルの楽しさ」の方に夢中であり、

たくさんの人々に愛され、人々を魅了してきた

「古賀メロディー」の本当の魅力も理解できておらず、

私にはあまり馴染みのないこのジャンルは、自分の中で『これって、演歌?』

というカテゴリに勝手に区別していたのです。(全くもって失礼な話ですな。。)


私は4thギターを担当し、主にメロディー(1st)、

オブリガードや内声(2nd)、伴奏・刻み(3rd)の各ギターパートを

行ったり来たりしてそれぞれのパートを補強するという役割でした。

が、ただただ楽譜通りに弾いているだけ。。

今思えば、どれも味見ができて『美味しい』ところです(笑)


そして地元での月1〜2回の本番や、東京、四国公演を経て、早2年。

「あぁ、ここの早弾き、難しいけど弾けたら楽しいなー」から、

「いいメロディーだなぁ」、「この曲は知ってる!」になり、

「古賀メロディーの良さはここだ!」、「この部分はコレでしょ!」と、

漠然とではありますが、徐々に良さに気付き始めたころには

自分の中でこの音楽を演奏する意義を感じつつ(ちょっと大げさ?)、

そして楽しみながら、魅力に引き込まれながら弾いていました。


しかしながら、当時、高校の同級生たちが周りで

『私、バンドでエレキギター弾いてるんだー!』と言っているなか、

『私、クラシックギターで歌謡曲(演歌)弾いてるんだー!』とは

決してならなかったのです。。


なんででしょうね〜。「何それー!?知らなーい!!」みたいに

言われたくなかったんでしょうかね〜。

(たぶん知らないって言うだろう、という謎の確信を持っていました。)

そして私自身が古賀メロの魅力に気付き始めたからこそ、

否定的な言葉を聞きたくなかったのかもしれません。

今なら胸を張って言えますが。『いい曲なんだよ!!』。


現在コンサートでは、クラシック、南米、スペイン、日本古謡、

ポップス、その他いろんなジャンルの曲に取り組みつつ、

各コンサートのコンセプトに沿って選曲・演奏しておりますが、

今でもコンサートプログラムとして古賀メロを弾いたり、

レッスンでも教えたりと、古賀政男さんには大変お世話になっております。


最近では自分でアンサンブルやソロ用にアレンジもするようになりました。

不思議と心身に染み付いているもので、勝手にアイディアが浮かんでくるんですよね。(他のジャンルの曲もそうなったらいいのになぁ/笑)

自分の生活の一部になるなんて、始めたばかりの当時、思ってもいませんでした。


改めて勉強しなおすと、更に具体化したこと、そしてまだまだ勉強し足りないことが

山のようにでてきます。もちろん、他のジャンルの音楽も然り、です。


古賀政男さんの生涯の作曲数、知られているだけでも約5000曲。

実はあまり演奏されていない隠れた名曲もたくさんあるのです。

いつかお披露目できたらいいなぁ。。


思わず口ずさみたくなるようなメロディーの美しさ、

人生観が生々しく伝わる歌詞(実際に実話が多いのです)、

歌い回しやこぶし(ギターで言うところの装飾音)の効果、

クラシックやラテン音楽を取り込んだ、幅広い曲想、

ギターやマンドリンの利点を最大限に生かした作曲、、、、


私が勝手に解釈している古賀メロディーの魅力です。


私のルーツでもあるこの音楽へ、私ができることはなんだろう、と思うと、

やはり、心を込めて演奏し続けることかなぁと思っています。


« 【コンサート情報】木下尊惇・松下隆二 フォルクローレコンサート<賛助出演:壇遼> | トップページ | 【動画】木下尊惇・松下隆二フォルクローレコンサート »

⚫︎日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1568773/51480401

この記事へのトラックバック一覧です: 【日記】古賀メロディーとわたし:

« 【コンサート情報】木下尊惇・松下隆二 フォルクローレコンサート<賛助出演:壇遼> | トップページ | 【動画】木下尊惇・松下隆二フォルクローレコンサート »

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31