フォト
無料ブログはココログ

« 【コンサート情報】3月以降の出演情報 | トップページ | 【レッスンスケジュール】4月のレッスン日 »

2016年2月25日 (木)

【日記】東京見聞録

ダジャレを平気で口に(文章に?)出せる歳になって参りました。

気の利いたお世辞を頂戴した際、素直に大喜びしている自分に

時の流れを感じざるを得ない昨今です。

(生徒さん、いつも気を遣ってくださってありがとう・・)


--------------------------------


今月12日〜15日まで東京を彷徨っておりました。

今回の旅の目的は、豊洲にて開催された「イーストエンド国際ギターフェスティバル」での

コンサート、コンクール鑑賞、マスタークラスの聴講、

楽器のメンテナンス、楽譜の調達、知人ギタリストへ会いに、、諸々です。

合間に東京観光でも〜、と思っていたのですが、そんな暇もないほどに

どっぷりとギター漬けのひとときを過ごさせて頂きました。


東京へ着くや否や、最初の目的地は初の東村山。

世界的にご活躍中のギタリスト、レオナルド・ブラーボさんを訪ねて参りました。


Img_2341


お出迎えに、奥様お手製のクッキーが。。とっても優しいお味でした。


ギターの演奏が始まると、レオ先生が趣味とされている写真撮影が始まりました。


腕前はご覧の通り・・


12705599_986880851348335_6017953277


12705328_986880861348334_9141309401


12741950_986880828015004_6371293710


素晴らしい。私もいつかプロフィール写真をとって頂きたいです。


12705171_986627271373693_1337634360


ギターのいろいろなお話も聞けて、楽しいひとときでした。

お忙しい中お時間をとって頂き、ありがとうございました。


その日の夜はバロックギタリスト、マルコ・メローニ氏のコンサートへ。


12670567_1013552025382914_955961122


日本ではあまりお聴きしない名前かもしれませんが、

バロックギターのソリストとは世界的にみても数少なく、

大変貴重な演奏家であります。

後半のバッハは特に印象的でした。


-------------------------------


2日目の朝はコンクールの鑑賞へ。

知人も参戦してましたので、声に出さずに応援してました。


12670315_1022914624449375_226820458


会場は「豊洲シビックセンター」、音響が素晴らしいホール。


12717406_1022914657782705_414258825


東京のコンクールに挑戦したことはありますが、

鑑賞するのは初めてでしたので新鮮でした。

本戦でしたので、ハイレベルな激戦。

どこを評価されるのか、とても興味がありました。


その後は私の教室でもお世話になっている「現代ギター社」へお邪魔し、楽譜を物色。

かなりの時間滞在していたと思います。

譜づらを見ているだけで、テンションが上がりっぱなし。

今回はルネサンスのソロ、旋律楽器とのデュオ、ファリャの楽譜、パガニーニのギターソロ譜を入手。

楽譜は宝ですね。


その夜は巨匠、パブロ・マスケル先生のコンサートへ。


12742633_1022914674449370_220110506


超満のホールはパブロ先生の音楽の素晴らしさを物語っていました。

今回も聴けてよかった!


休憩で座席に戻ると、昨夜コンサートをされたメローニ氏が隣に。


1780629_1023477654393072_3439739254


お互い片言英語で頑張りました。

(メローニ氏はイタリア語とフランス語)

なんかいろんな科学反応を引き起こしていたような。。笑

でも、F.ソルの話なんかがちょびっと出来ましたよ。


1426154_1023477614393076_1885456312


東京の女流ギタリスト、堤千花さんと。念願の初対面でした。


12733497_1023477641059740_783779953


打ち上げにて、セルソ・マシャド氏と。

今回唯一聞き逃してしまったギタリスト。非常に悔やまれる。。


10400364_1023477691059735_792504039


東京の(ほぼ)同世代ギタリストの皆さんと。

懐かしい再会だったり、お互い名前だけ知ってて実は初対面だったり。

楽しかった!!


-------------------------------


滞在3日は愛器のメンテナンスのため、尾野薫さんの工房へ。

購入して2年ちょっとのマイギターですが、弾いている最中にブリッジから「ピシっ」という素早いノイズが出ていて、ずっと気になっていました。


結果は「至って健康」。(笑)


私のギター、サイモン・アンブリッジ氏はとても几帳面な人だろう、

楽器を見てそうおっしゃられました。プロの製作家同士の対話なのですね。


倍音やタッチの話などお話し頂き、ちょっとだけ調整を加えただけで、音の鳴り方がすっきりとしました。

しばらくこの音色で試して参りたいと思います。

(残念ながら写真を撮り損ねました。)


その後、同フェスティバルのマスタークラス聴講へ。


12742288_1024157437658427_693991423


メローニ氏によるバロックギターのレッスン。

音域が少ないからこそ編み出された秘技、そしてアプローチを聞かせて頂きました。


10002919_1024157444325093_786807771


パブロ氏のレッスン。聴講することも自分のことと置き換えながら聞くと、大変勉強になります。


素晴らしく内容の濃いフェスティバルを運営されている、樋浦さん御夫妻に

貴重な機会を頂けたこと、心より感謝申し上げます。


そして夜は、ずっと行きたくて仕方がなかった老舗タンゴ・バー

「エル・チョクロ」にてレオ先生のタンゴライブへ。


12744306_1024157467658424_902465641


12729180_1024161367658034_272879382


12742089_1024157480991756_671806843


12729039_1024157524325085_558521096


韓国のヴァイオリニスト・アントニオさんの、自由自在なアプローチがとても印象に残っています。

バンドネオンが入ってからの、情熱的なレオナルド先生の演奏がとても新鮮でした!

連日いいライブが聴けてよかったな〜。


--------------------------------


・・と、ざっくばらんと書き連ねましたが、

これが割と網の目を縫うような時間割でした。

連日の移動で足はぱんぱん。。

コンクリートだからか、なぜか土踏まずも痛いぞ?

これが日頃車に頼っている習慣の代償なのか。


運動、します。ギターもさらに精進して参ります。

それにしても・・・、今回もいい経験でした。

« 【コンサート情報】3月以降の出演情報 | トップページ | 【レッスンスケジュール】4月のレッスン日 »

⚫︎日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1568773/64142639

この記事へのトラックバック一覧です: 【日記】東京見聞録:

« 【コンサート情報】3月以降の出演情報 | トップページ | 【レッスンスケジュール】4月のレッスン日 »

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31