フォト
無料ブログはココログ

« 【CD】現代ギター11月号 | トップページ | 【レッスンスケジュール】12月のレッスン日 »

2016年11月14日 (月)

【CD】曲との思い出③歌と踊り

毎年恒例になりつつある扁桃炎を先月末から患い、これがまた今年は症状が酷く・・、

長いこと苦しんでいましたが、なんとか無事生還しました。笑

ただ今だに鼻声&大げさな咳は出るため、生徒さんにはご心配をおかけしております。


これからのコンサートラッシュに向けて体調管理&指おこしを着々と行っています。

おかげさまでかなりの健康オタクになり、薬の知識までも増えました。笑


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


長いこと滞っていた曲との思い出のコーナー、やっとこさの3曲目です。(ペースが遅いです。)


CDの3曲目に収録したのは、スペインの作曲家でありピアニストであった

アントニオ・ルイス・ピポー(1934-1997)の「歌と踊りNo.1」。


47357


ギタリスト、ナルシソ・イエペスのために書かれた曲です。

私のなかでも比較的新しいレパートリーなのですが、以前からずっと弾いてみたいと思っていた曲です。

(「これ弾きたい!」と思うきっかけは、誰かが演奏しているのを聴くのが大半。でも最近は弾かれることが少なくなってきたこの曲。。)


クラシックギターの中でも新しい曲ですが、

スペインの曲のみならず、その土地の伝統的な舞曲が根底にあり、

作曲家や曲のルーツに対してリスペクトする気持ちは今でも変わらず、

どこまでも追い求めたいと思うし、そこが音楽の楽しみでもあります。


しかしこの曲は右手が難しい。。

練習は、とにかくゆっくりゆっくりですね^^;

« 【CD】現代ギター11月号 | トップページ | 【レッスンスケジュール】12月のレッスン日 »

●natural」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1568773/68424464

この記事へのトラックバック一覧です: 【CD】曲との思い出③歌と踊り:

« 【CD】現代ギター11月号 | トップページ | 【レッスンスケジュール】12月のレッスン日 »

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31